2009年06月10日

復帰後2週間。物価が上がりましたね

 2ヶ月間の休止から復帰して、最初の週は合戦のみで過ごし、大決戦前夜祭イベント最終週である2週目は楽市に積みあがっていた在庫を並べただけでほぼ終了。

 最終日にようやく野良徒党(と思って徒党に入ったら良く組む知人とそのお友達の方でした(ノ∀`))に誘っていただきまして、滑り込みセーフで1丹時間だけ、噂の魔王&軍神の戦陣を体験してきました。

 感想は…まぁ…、不遇職に経験や覚醒を稼がせたいという意図は凄くよくわかるし狙いは間違ってないんですが、あれはさすがに……ねぇ…( ´_ゝ`)
 オイラはたった一日だけの経験だったので楽しませてもらいました。

 今回はイベントなのでありえない強さでしたが、職業間バランス取りが無理だから誰がやっても大丈夫な最低保障を導入する、という1つの方向性を試してみたと言えなくはない…のかなぁ…?
 不遇職でも覚醒稼ぎの狩りが出来たという一点に措いては魔王イベント成功です。
 覚醒稼ぎを必須事項にしてしまった以上、雑魚狩り効率の優遇不遇の差を縮めることがこれからの課題でしょうね。




 2ヶ月前からの一番の変化は物価の上昇。
 仕様変更による宇宙の雫と竜の涙の高騰とそこから波及する様々な物の上昇は当然(さすがにここまでとは思いませんでした。業者さん恐るべし)なんでしょうが、妖魔名匠の籠手もがっつり上がってるんですね。業者さんがいなくなったのかなぁと思いきや、有名なあの方やあの方は残念ながら御健在。せっせと星野山千尋窟で働いていらっしゃるようです。

 付与石の値段がとんでもないことになっちゃってますが、争覇前と今では出回っている貫の総量がまるで違いますから、物価の上昇自体は正しい事です。今の値段が正しいかどうかは別として。
 妖魔名匠の籠手の値段が上がったということは古の鍛錬術(通称:星鍛錬)も上がっているでしょうから、生産者としては喜ばしい。
 防御10の差が3万貫以下の価値しかない、防御の低い物を安く売りに出すと業者さんに買われて星鍛錬されてしまう、では面白みがありませんでしたから。



 最初に「物価の上昇」と書きましたが、本質的には、業者さんの力もあって今までが安すぎたが正解だと思います。
 今の値段だったら一般のプレイヤーでも宇宙の雫や妖魔名匠の籠手、古の鍛錬術を自分で取りに行こうかなぁと考える方も多いはず。そう思える今の方がまだ健全です。

 よくバブルという表現を使っている方がいらっしゃいますが、バブルとは中身がないのに泡のように膨れ上がり、価値より遥かに高い価格がついてしまっている状態を言うので、物によっては高くなりすぎている物もあるでしょうが、というかこの値段では手が出ないなぁって商品も沢山ありますが、というかそういう値段で楽市にいくつか陳列しちゃってますが、今回の物価上昇はバブルというほど価値と価格が乖離している訳ではなさそうです。
 二ヶ月間ゲームから離れていたので、これからどう変化していくのか予想し辛いんですが、個人的には物価が下がりすぎない事を願います。別にインフレ=悪ではありません。緩やかなインフレが続いていくのが理想だと思います。そうじゃないと新規の方が困っちゃいます。
 何にしても、一部のプレイヤーの力だけで物価を吊り上げることも可能ですから、短期的な予想は無理。仕様変更で一瞬で変わるんで長期的でも無理な話でしたね。


 宇宙の雫ドロップ数制限がせめて争覇の章実装と同時に追加されていれば…、とか思ってしまいますが、未来を予想することは難しいです。オイラもその頃はドロップ数制限という考えは全くありませんでした。
 業者さんを排除してくださいとはずーっと思ってますけどね…。

 これから装備を作ろうと思ってた方から見たら散々な物価上昇かもしれませんが、今回はその修正が偶々あなたに直撃してしまっただけです。
 強い装備を作るのは大変だ、攻略の度合によって装備を少しずつ強くしていく、というのは結構正しい世界だと思います。
 今まで作れていたのにこれからは作れないというのが大問題なだけで…(’’

 あぁ、なんかこういう感想を神秘石の時も抱いたような。
 あれ? そういえばあの時もあの時も……(´・ω・`)




 最後に話はかわって、今日からサーバ対抗の東西大決戦が始まりますね。
 サーバ対抗ということは人数が多いということ。
 これはきっと「合戦は人数が多い方が楽しいということを経験させる→サーバ統合(1サーバあたりの人数を増やす)の要望が増える→サーバ統合に踏み切る」の為の布石ですよねコーエーさん。ですよね! ね! お願いですからそう言ってくださいコーエーさん(・∀・)
 サーバ統合と業者さんの排除を願っています(−人−)




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/121221715
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。